今日は何の日を調査 毎日が記念日。話のネタになる365日は昔話、雑学、食べ物、誕生日、出来事を調べてみた! 今日はなんの日 ?何の月? 平成以外も暦やカレンダーも調査した!今日は何の日をヤフーキッズやwikiよりもさらに深く調べています。話のネタって365日あるよね。毎日のエンタメをTwitterとGoogleのトレンドを調べています

12月といえば?12月の行事・イベント・風物詩・歳時記・食べ物

2018/07/12
 
12月中の出来事
この記事を書いている人 - WRITER -
世の中の知りたいを、多くの人に伝えたい!編集長と今日なんちゃんの掛け合いでお送りしております。広めてくれると、店長のおとぼけ発言が増えます。え~~マジでやばくないですか?店長****だってバレますよ
       今日は何の日 毎日が記念日です。話のネタ365日は昔話、雑学、食べ物、誕生日、出来事を調べてみた! 今日はなんの日 ? 平成以外も暦やカレンダーも調査!今日はなんの日?何の月? ヤフーキッズやwikiよりも深く調べています。話のネタ365日。毎日のエンタメをTwitterのトレンドを調べています

イベント,風物詩,歳時記,食べ物     12月 

12月といえば?12月の行事・イベント・風物詩・歳時記・食べ物

12月といえば?12月の行事・イベント・風物詩・歳時記・食べ物は何でしょうか?

日本では、旧暦12月を「師走(しわす)」、「師馳(しはす)」・又は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と呼んできた。
テレビやラジオなどで「師走になって慌ただしくなりました」とか「師走の街は年越し準備で大忙しです」とか、師(僧)が走るからきている話で、師走のことを説明しています。僧って、お坊さんのこと。日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらって、お経を唱えてもらう風習があったのです。そのため、年末が近付くとあちらこちらから依頼がくきてお坊さんは、あっちにいったりこっちにいったりとてんやわんやです。その様子を「師が馳せる」あっちゃこっちゃに走るという意味から師走になったという説です。

 

しはすの語源
「しはす」の語源は、古いことなので分からない。「大言海」は、「歳極(トシハツ)ノ略轉カト云フ、或ハ、萬事爲果(シハ)つ月ノ意、又、農事終ハル意カ」と言い、また「十二箇月ノ名ハ、スベテ稻禾生熟ノ次第ヲ逐ヒテ、名ヅケシナリ」(「睦月」の項)と言っている。 なお、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさから、という平安時代からの説(色葉字類抄)があるが、これは語源俗解(言語学的な根拠がない、あてずっぽうの語源のこと)による宛て字であり、平安時代にはすでに、「しはす」の語源は分からなくなっていた(民間語源#日本語の中の民間語源)https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%88

月には異名というものがあります。違った読み方です。地域によって、人によって、見方は違います。
ばんとう(晩冬)、ひょうげつ(氷月)、ぼさい(暮歳)、はるまちつき(春待月)、おとづき(弟月)、ろうげつ(臘月)、おうとう(黄冬)、けんちゅうげつ(建丑月)、ごくげつ(極月)、くれこづき(暮来月)、おやこづき(親子月)、かぎりのつき(限月)

12月カレンダー

広告

日本は四季折々、風景または季節をうたった詩。 季節の感じをよく表している事物のことを、風物詩といい、俳句の季題を分類して、解説を加えたり、例句を載せた本を歳時記といいます。これだけ、季節の事が書かれているには四季を感じ取っている日本人ならではかも知れません。

また、国土も長くいろんな、食べ物が取れるのも、日本ならでは。そこの土地の食べ物も調べてみました。

12月の行事は

 

主なものはこんなものでしょうか

12月13日 – 正月事始め。12月の年中行事とは、12月8日の事始めから正月準備をするところもあります。12月13日は婚礼以外は万事に大吉とされる「鬼宿日」にあたるので、12月13日は「正月事始め」といい、「煤払い」「松迎え」などの正月の準備にとりかかる日とされています。年神様を迎える準備を始めるのにふさわしい日とされているからです。
正月に年神様を迎えるために、1年の汚れを払うことを煤払いといいます。竹竿の先に藁を取り付けた「煤梵天」(すすぼんてん)という道具を使って、高いところの煤を払います。昔の火種は薪や炭だったので、天井や壁についた煤の汚れを落とす事が必要だったのです。つまりますから
1年間の汚れを払い隅から隅まできれいにすると、年神様がたくさんのご利益を持って降りてくるといわれていました。
門松にする松やおせちを調理するための薪などを、12月13日に山に採りに行きました。それを「松迎え」といいます。
「煤払い」や「松迎え」が済み、年神様やご先祖様を迎える態勢が整う頃にお歳暮を12月13日頃から贈り、お歳暮が正月用のお供えものだったことの名残りです。
昔は家長がお正月の飾りつけ、年神様への供え物、おせち料理を作るなどを手配する「年男」というのを務めました。暮れの大掃除やお正月も含めてそれら行事全般を取り仕切っていました。本来は家長が担っていましたが、次第に長男や奉公人など変わってきました。

12月23日 – 天皇誕生日(日本) 天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされる。昭和23年(1948年)までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた。

天皇誕生日(てんのうたんじょうび)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は12月23日(平成元年~平成30年)。

2017年(平成29年)6月16日に公布された天皇の退位等に関する皇室典範特例法では、附則第10条に国民の祝日に関する法律の改正も盛り込まれており、同法の施行による皇太子徳仁親王の即位に伴い、2020年から天皇誕生日も2月23日に変更される予定である。なお代替わりとなる2019年は、2月23日は皇太子徳仁親王の天皇即位前、12月23日は今上天皇の退位後のため、天皇誕生日は設定されない見込みである。なお今上天皇の退位後となる、2019年以降の12月23日については、それまでに天皇誕生日に代わる新たな名称の祝日が国民の祝日に関する法律で定められない限り、平日となる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5

12月24日 – クリスマス・イヴ 

クリスマスイブはまさにクリスマスそのものだった!

クリスマス・イブはクリスマスだったということが分かったところで、実際にイエス・キリストが生まれたのはクリスマスの何時頃だったのでしょうか?聖書を読むと詳しい時間までは分からないのですが、恐らく夜に生まれていることが分かります。

午前0時を回っていたかどうかは分かりませんが、イエス・キリストが生まれたのは、クリスマスの夜、つまりクリスマス・イブだったわけです!クリスマス・イブはクリスマスの前日でも前夜でもなく、イエス・キリストが生まれたまさにその時間だったのです!https://yahuhichi.com/archives/725.html

 


12月25日 – クリスマス クリスマス(英: Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭。勘違いしている人もいますが誕生日ではなく降誕を記念する日です。キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である

クリスマスツリーとは、常緑樹で、一般にモミの木で、クリスマスのために飾り付けられた木です。「知恵の樹」の象徴とされてます。別名の聖樹(せいじゅ)とも呼ばれています。中世ドイツの神秘劇でアダムとイヴの物語を演じた際に使用された樹木に由来しています。キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリーの下にプレゼントを置き、プレゼントを贈る気持ちで送っています。またクリスマスツリーの飾りつけやイルミネーションを施す風習が始まったのでは19世紀以降のアメリカ合衆国からだといわれている。

12月25日 – 終い天神 25日は天満宮の縁日で、この日は「終い天神」と呼ばれ、1年を締めくくる恒例神事です。境内周辺には早朝から植木や骨董品・衣料品・正月用品などを商う露店が多数立ち並び(日没まで)、多くの参拝者でにぎわいます。日時 2016年12月25日(日) 5時30分~21時 住所:京都市上京区馬喰町
アクセス:出町柳駅から市バス 102 203 北野天満宮前下車すぐ/嵐電(京福電車)北野白梅町駅下車 北東へ徒歩約5分
12月25日 – スケートの日 スイスやイギリス、スカンディナヴィア半島などヨーロッパの広い地域でマンモス、シカ、ウシなどの骨を加工した獣骨スケートが見つかっているため、スケートの起源は、その時にわかった旧石器時代にまで遡るとされる。この頃のスケートはスキーやソリのように物を運ぶ手段、移動手段として用いられたと考えられています。

12月26日 – ボクシング・デー
12月31日 – 大晦日(日本)

12月のイベントは

ひとこと 感想

広告

 

12月の風物詩・歳時記は

 

12月の食べ物は

12月の果物

12月の野菜

12月の魚

漢字で書いてみます。読めますか? 魚ってとれる場所によって変わってきます

 

広告

12月といえば まとめ

いかがでしたか?

「12月といえば?12月の行事・イベント・風物詩・歳時記・食べ物」

12月の行事は、雨に関する物が多いですよね。

イベントは雨をふっとばすような、よさこいのようなものあれば、祇園祭のような優美なものもありましたね。

食べ物は、特に「びわ」が美味しいそうですね。旬が非常に短く、6月限定とも言われているとか?

歳時記としてのびわは、梅雨のころに実がなるため、「枇杷」及び「枇杷の実」は仲夏(芒種〔6月6日頃〕から小暑の前日〔7月6日頃〕まで)の季語とされているそうです。

 

6月ならではの食べ物でおなかもココロも満たしまししょう。最近は、傘やレインコート等、雨の日グッズもオシャレな物が多いですね

12月に行きたい旅行はありますか?

楽しい12月は見つかりましたか?

この記事を書いている人 - WRITER -
世の中の知りたいを、多くの人に伝えたい!編集長と今日なんちゃんの掛け合いでお送りしております。広めてくれると、店長のおとぼけ発言が増えます。え~~マジでやばくないですか?店長****だってバレますよ
       今日は何の日 毎日が記念日です。話のネタ365日は昔話、雑学、食べ物、誕生日、出来事を調べてみた! 今日はなんの日 ? 平成以外も暦やカレンダーも調査!今日はなんの日?何の月? ヤフーキッズやwikiよりも深く調べています。話のネタ365日。毎日のエンタメをTwitterのトレンドを調べています

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 世界一詳しい今日は何の日?【今日なん?】 , 2018 All Rights Reserved.